琉装
琉装は、沖縄の琉球王府時代に、身分や階級によって色、柄模様、布地の種別の違う服装で区別していました。
男性用の礼服は、黄色地、紫、桔梗、水色、藍色等を冠や帯で示します。
紅型(ビンガタ)衣装は、王族婦女子の礼服であったとされており、黄色地、水色、うす紅色の色があり、柄大小もあります。
琉装は沖縄の文化、風土、気候を肌で体験できる装いです。着付けも独特で帯を使わず腰紐1本で着付けます。

琉装を身にまとい、厳かに行う挙式は沖縄ならではのウェディングスタイル。
お二人の思い出の地で、遠い古来沖縄の文化に想いをはせながらの挙式は、きっとお二人の胸に永遠の思い出として刻まれることでしょう。


琉装ギャラリー

アトリエウエディングプロデュース宮古島が、これまで手掛けさせていただいた琉装のギャラリーです。


 

和装

和装

アトリエウエディングプロデュース宮古島では、日本の伝統衣装である和装も、取り扱っております。お気軽にご相談ください。
小さい頃から、一度は憧れた結婚式での花嫁衣裳。
普段、着ることのない着物は、どのようなものを選んだら良いかわからない、自分に似合う着物って?という方がほとんど。
アトリエウエディングプロデュース宮古島では、衣装選びから立ち振る舞いまで、細かなところまでフルサポートいたします。



ページ上部へ

copy